やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
キリンチャレンジカップ 日本vsガーナ
日本vsガーナ 0-1 @日産スタジアム

2004年から続く年に一度の代表戦“生”観戦!に行ってきました=3
2004年のアルゼンチン(@エコパ)、2005年のイラン(@日産スタ)、で2006年はガーナです

オシム監督に代わってからの初観戦♪
久々の“生”オシムだし、大熊さんの叫び声も聞けちゃうし、今ちゃんも帰ってくるというし、個人的に好きな選手も多数選ばれてるし(「東京の…」じゃないのが…涙)・・・
代表戦の独特の雰囲気が苦手とか言ってる場合じゃないでしょ!応援しなきゃでしょ!だって、俺たちの代表でしょ!みたいな変なテンションで横国上陸です

事情により、カテ1(=メインの2F最前列)とカテ3(バック側コーナー付近の1F中段→ファミリーゾーンってやつです)を行き来しながらの観戦だったわけですが

ガーナ、強いね!早いね!足元にボールがおさまるね!
カウンターが本当にカウンターなんだもの
あっというまに攻めあがっちゃうんだもの
日本の選手なんか簡単に跳ね飛ばされちゃうんだもの
いや~いいもの見せていただきました

で も

ミスする度に(今のは仕方ないだろ~的なミスでも)でる溜息
とか
誰?あの選手だれよ?的な「知ってる人いな~い」なしらけた空気
とか
「○○さんだしてっ」(※今回呼ばれてないですよぉ~)なギャルの叫び
とか

君たち、何を見に来てるんじゃい?
そして
なんでそんなにネガティブなのじゃい??

私なんか

今ちゃんが代表のユニ着て立ってる!走ってる!だけでたまらないわけです(他にも似たようなJサポいたなぁ~w)

加えて
めまぐるしく変わるポジションニングとか(2Fからのときはよく見えた)
最近ご無沙汰してる(涙)三人目の飛び出しとか
こちらも最近ご無沙汰の(涙)最後までボールを追う姿とか
これまた最近ご無沙汰の(涙)味方を鼓舞するために声を張り上げるとか

山岸惜しいっ!とか
今ちゃん、危ないって!とか
ヨシカツ ネ申 とか
サントス☆キレキレ!とか
憲剛のFKおかわり!とか
とか・とか・とか

他にもたくさん「見所」はあったわけで
「惜しいっ!」とこが盛りだくさんだったわけで
そこに選手の気持ちが絶対あったわけで
※ジーコ時代に「代表は勝たなくちゃ意味ない。」って言ってたくせに甘いんじゃ・・・って言う言葉はおいといてw

Jで対戦したことがあって
Jで「いやなプレイするなぁ~」って思った選手がたくさんいて
そんな選手が、日本代表として、見慣れない青いユニを着た彼らがピッチに立ってて
全部を知ってるわけじゃないけど、私はここにくるまでの「いつもの」彼らを知ってて

そんな彼らが“気持ち”の入った試合をしてる

呼吸の合わないシーンもあったし、逃したチャンスもあった
まだまだこれからな部分をあげればキリがないとも思う

でも、面白かった!

一人で騒いでたしなめられたけど(メインには不似合い?)
ファミリーゾーンで子供たちを煽っちゃったけど
代表戦のあのスタジアムの雰囲気はやっぱり苦手だけど

また見たい!って思った

それじゃダメかな
[キリンチャレンジカップ 日本vsガーナ]の続きを読む
スポンサーサイト
初めてのW杯-②

こちらは『我が日本代表』について書きます

先月書いたように、私は現代表に対して(一部除く)「思い入れがない」=「愛がない(のかもしれない)」人です
代表を語れる程、試合を観ているわけではないし、日本のサッカー史を知っているわけでもないし…

大会が始まる前、私は他人事のように「予選突破?厳しいんじゃ~ん?勝てそうな気しないもんね~」なんて冷めた気持ちでいました
正直、心の中の半分以上は「勝てないだろうな」な状態だったし、下手に「勝てる!」って言い切ってしまって(信じきってしまって)後で傷つくのも嫌だったし…ずるいですね、私w

でも、いざ試合が始まってしまえば“俺たちの代表”なんですよね
好きとか嫌いとか信じれないとか、そうゆうこととは無関係に「日本」なんですよ
経緯がどうあれ、彼らが“私たちの代表”=「日本」なんですよね
そうすると、やっぱり負けたくないんです
負ける姿は見たくないんです
これが愛国心なのかなぁ~よくわからないけれど

一つ一つの試合やプレイや采配や…とにかく、細かくチェックすることはしません
「日本のレベル」とか「世界のレベル」とか、そんな話をする気もありません

とりあえず、
悔しかった
決勝Tに行きたかった

それだけです

これまで長い間、日本のサッカーを見続けてきた人には鼻で笑われると思いますが…私の中の『代表』というものの歴史が2006年の、この予選リーグ敗退から始まった気がしています

誰かが
「今日負けても、明日もあさっても…2010年を過ぎてもサッカーは続いていく」
みたいなことを書いているのを観ました

4年後なのか8年後なのか20年後なのか40年後なのか80年後なのか
いつ何がどうなるかはわからないけれど、サッカーが続いていく日々のなかで生きていけるという幸せは他にないなって
W杯での優勝がゴールとは思わないけれど…「いつか」それが来ることを信じれるのはいいなって

「まだなんにもはじまっちゃいねえ(C)キッズリターン」

結局、そんな言葉を自分に言い聞かせてます

[初めてのW杯-②]の続きを読む
初めてのW杯-①

梅雨入り…なんかに触れてみても仕方ないので、この時期の王道『W
杯』について書こうと思います

まずはその①「海外ってすげ~な~」編ですw

世代的には90年イタリア大会ぐらいから記憶にある方もいるのでしょうが、サッカーになんの興味もない状態で成長してきた私にとっては、98年のフランスはもちろん、2002年の日韓大会でさえ、全く記憶にないもの…それがW杯でした(大騒ぎしてたのは知ってたけどね)
『2004年の夏』なんていう中途半端な時期にJリーグの一チームを切り口にして“サッカー”に出会ってしまったものだから…しかも、まだまだ“サッカー”がよくわかっていないから

・「代表」への熱い想いがあまりないかも
・「世界」って??すごさが全くわかってましぇん

な状態でこの6月を迎えたわけです、ハイ
そんなわけだから、いまいちモチベーションもあがらず…
土肥ちゃん・モニが出ればいいな~ぐらいの気持ちで、比較的まったりとW杯を捉えていたわけです、ハイ

が、ふたを開けてみたら…自分でもびっくりするぐらい熱くなってる自分がいますw

[初めてのW杯-①]の続きを読む
2006初代表戦
日本vsアメリカ 2-3

一応、観ました
お出かけ中だったので、車を停めてカーナビ画面でw

ごちゃごちゃ評論するのも性に合わないので、箇条書きにて(観たよ~っていう記憶程度のものかも)

・アメリカ強い!
→同じ人数戦っているとは思えなかったです(特に前半)。切り替えの早さ(展開の早さ)としつこさ?みたいなものを感じました。

・後半のほうをもっと観たい!
→3-6-1がどうとか「4バックがスキだから」というのは置いといて、、「次も観たい!」と思ったのは後半メンバー。ひいきの阿部&巻ペアがいたこともあるのでしょうが…

・二点返せてよかったね
→もちろん、もう一点…いや二点欲しかったけど

あとは「欧州組がいないから」とか「新システムへの適応期間が少ない」とか「フィットしてない」とか、こんな言い訳みたいな言葉がTVや新聞に載るんだろうな~と

個人的には言い訳はいらないから、いつも「ワクワクする」試合を見せてくれよと思ってしまうわけで…

何度も書いた意見ですが、観ているほうが『不安』になっちゃう代表はやだなと、ふと思ってしまいました

高校サッカー準決勝
鹿児島実業vs遠野 3-0
野洲vs多々良学園 1-0

今年は高校サッカー“生”観戦デビューしよう!と意気込んでいた私ですが、朝方まで続いた新年会に体力を奪われ、自宅での観戦とあいなった準決勝
個人的に『第二試合』のほうを“生”で見たかったのですが、おきたのが12時だもの…どうやったって間に合わない(涙)我ながら情けなしです

で、感想ですが…

・鹿児島実業はやっぱり強い!
→国立という夢の舞台で緊張してしまっている遠野イレブン(+主力がいないことでの緊張…というか不安感?もあっただろうけど)を圧倒していたと思う。遠野は前半から『必死に守る』サッカーだったような…
。失点までの遠野側GKくんは、かなり神がかっていたようにも思えたけど、残念。応援に来ていた河童たちも残念そうでした

・野洲にココロを奪われた!
→いつの試合だったか忘れましたが、今大会のダイジェストを見ていて「おぉぉっ!コレは!?」と気になっていた野洲高校。準決勝でも魅せてくれましたね~。次にどんなプレイをするのか想像できないし、節々で「お!」とか「え?」っていうプレイをしてくれるなんて…彼らは本当に高校生!?高校サッカーって、こんなに面白いの!?と目からウロコが出ました。今更ですが、やっぱり生で見たかった<野洲

月曜はついに決勝です
仕事があるので、見に行くことも、TVをみることもできません

でも…こっそり見に行っちゃおうかしらw
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。