やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
コンフェデ杯 日本vsブラジル
日本vsブラジル 2-2

開始早々、加地さんですよ!オフサイドだから幻になっちゃったけどこの瞬間に目が覚めました
そして俊輔のSEXYシュート!
誰が観てもブラジルが上手いのは明白で、ひとつひとつのプレイをみたら、その差は歴然なんですが、この二つのシュートで“負ける気がしない”と…そう思ったんです
二点目が決まっても、惜しい場面でゴールが決まらなくても、ギリシャ戦のときよりもずっと強く“勝てる”かもって思える…これこそ代表、私たちの日本だって言える…こんな気持ち、久々な気がしました

そして後半の大黒投入!
その瞬間、試合を見ている全員が「決めてくれる」「何かやってくれる」と思ったのではないでしょうか?この期待…大黒にとっては大きなプレッシャー?それとも喜び?…にしっかりと応える同点弾、そして幻の決勝弾…
顔面でシュートを防いだ“俺達のヨシカツ”同様、大黒も“俺達の…”だよな~と。今更ながら確認しちゃいました
もちろん、大黒だけじゃなく、キレキレの縦パスを入れてくる中田ヒデさんや日本人らしからぬ(褒めてるんですよ)やらしいプレイをする福西や、闘志剥き出しの加地さん等、選手全員が“俺達の代表”だと思ってますけどね

いろいろ書きましたが、結果は引き分け

ブラジル相手によく戦った、選手も皆よくやっていた…確かにそうかもしれません。実際、私自身そう思うし…。でも、やはり勝ちじゃないと嬉しくないんです。決勝リーグに行けない以上、今日の引き分けは負けなんです

悔しいけれど日本のコンフェデ杯は、今日終わってしまいました
ただ、スタジアムのブラジルサポーター(あるいはブラジルを目的に試合を観に来ている人々)が日本のプレイに称賛の拍手をしてくれたことや「NIPPON」コールをしてくれたということ(気のせいじゃないよね?)…今日の日本のプレイが“サッカーが生活の中にある”世界の人々の心をちょっとでも動かしたという事実は誇るべきことだと思います
今日、ブラジルを観にスタジアムに来ている人々の中で、一年後、「日本を観る」ために試合へ足を運ぶ人がいるかもしれないという嬉しさ
この二試合で、ようやく日本は世界の舞台に足をかける準備ができたのかもしれません

一年後、どんなドラマが見れるのか…今から楽しみになってきました

※試合前の一言…うわ~本当にブラジルだよぅ(汗)
ロナウジーニョだよ!カカだよ!アドリアーノだよ!選手が映っただけでドキドキ・ワクワクしてしまうということのすごさ…改めて『世界一』とはこうゆうこかとかと思い知りました

スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。