やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
東アジア選手権 日本vs北朝鮮
日本vs北朝鮮 0-1

登録選手のほとんどを入れ替え、本気で“勝利”を獲りにきた北朝鮮が初戦の相手となった今回の東アジア選手権
私の記憶が正しければ…かなり前(最終的な召集メンバーの発表よりもずっと前)から、我らが指揮官は「今回は何があっても優勝!」とおっしゃっていたように思います
とにかく「アジアのチャンピオンとして、何としても前回の雪辱を果たす」とね…

私は基本的に“人の言葉を信じやすい”タチですので、このジーコさんの言葉を信じて、コンフェデ杯ばりにこの大会を楽しみにしていたわけです
海外組は召集されないといっても、その分Jの各選手にチャンスが巡ってくるわけだし…
来月のイラン戦を待たずに、ドイツへの切符を手にしたことで、確かに選手の緊張感やモチベーションは下がったかもしれないけど、ジーコ自ら「優勝!」を公約していたわけだし…
なんだかんだ言っても、素晴らしい試合をみせてくれるはず!と信じていたわけです。ブラジル戦で一皮剥けたかに思えた新生ジーコジャパンをみることができるとね(勝手な思い込みですが…)

で、今日の試合なわけです
北朝鮮、恐いくらいに必死でしたね。とにかく「勝ちたい!」、何が何でも「負けたくない!」という彼らの気持ちが伝わってきました。その“必死さ”は敵ながらあっぱれ!という感じです

それに比べて…
我が日本の選手は本気で勝ちたかったのでしょうか?
本気で優勝したいのでしょうか?
選手一人一人にそう問い掛けたいような気持ちになりました
実際、日本が「点を獲りに…勝ちにいってる」と感じたのは後半40分過ぎからだけだったように思います

ジーコの言葉を鵜呑みにしていた私がバカなのかもしれませんが、本気で「優勝」を目指すなら、もっと貪欲に勝利を求めて欲しかった…コンフェデ杯でみせてくれたワクワクするプレイを見せて欲しかったです

正直、今夜の代表を“私達の代表!”と胸をはって世界に紹介することは出来ないです。強い相手には必死になって食らいつくけれど、そうではない相手には手を抜いてしまう…というわけではないのでしょうが、代表はいつだって“勝ち”にこだわってくれていないとダメなんです!結果として“負け”だったとしても、ちゃんと勝負をしてない負けは認めたくないんです!

もし、ジーコの言葉が単なる社交辞令で、ネタなんだとしたら(=そこまで本気で優勝は目指してないのなら)…新しく召集されたメンバーを本気で試して欲しい。彼らをちゃんと実戦で試して、実力を評価して、彼らの潜在能力を覚醒させてほしい。

もし、本気で優勝を狙っているのなら…アジアチャンピオンという肩書やドイツへの切符保持国という今の立場を忘れて、不退転の覚悟で試合を戦って欲しい
格好悪くても、とにかく勝利を重ねることで、本当に強いチームができると思うから

ふとそう感じました

いかんですね…
寝てないせいか、妙なテンションになってます
反省

スポンサーサイト
怒涛の週末
☆青赤のない週末☆

7/29(金)
・22時~24時:フットサルできるかな@新浦安
・25時~26時頃→推定:アテネオリンピック(サッカー)DVD鑑賞 ★今日に備えた復習※最後まで観れず…記憶遮断

7/30(土)
・午前中:「空って何で出来ているの?」「雲ってなに?」(甥っ子4歳からの質問)について必死に答えを考える→雲を作る実験実施
・13時~15時:お庭でプール
・17時:1年半ぶり友人との再会(@成田空港)
・19時~:宴会(@横須賀…のつもりが千葉)
・24時:帰宅

7/31(日)
・3時:起床
・6時:社長をお迎えに…(by 車)
・10時:大洗海岸で会社のイベントに参加・12時:千葉へ
・14時:社長のお供
・18時30分:無事帰宅←ココ!
・19時30分:東アジア選手権観戦(予定)

書き込みたいネタ山盛りの三日間!

でも、今は…(とりあえず)
日本がんばれ!
第七回フットサルできるかな
今夜もきっかり2時間!新浦安fellows futsal clubにてたっぷり汗を流してきました
スタート時に比べ、一人一人のレベルが随分上がった様子。第一回と同じメンバーで試合をしていても、その内容は雲泥の差ありありです!仲間の息があってきた…ということもあるのでしょうが、実はみんな自主連してるんじゃないの?!と思わせるほどの上達ぶり。自分がプレイしていなくても“ただ観ているだけで”満足できちゃうような試合が増えてきて、非常に嬉しい♪かぎりです

もうすぐユニフォームのデザインもあがってくるし…
そろそろ練習試合も組まなくちゃ!

マネージャーはがんばるぞ~

『ゼブラーマン』
今日の一本は哀川翔兄さん“100本目”の主演映画としても話題になっていた『ゼブラーマン』です

時間も時間だし、ちょっとだけ観てみようかしら…という軽い気持ちで観始めたのですが、すっかり引き込まれちゃいました!気付けば時間はもう3時…今日も仕事ですよ!自分!と、ちょっと反省

で、感想はというと…
久々にワクワクしながらみることのできた映画という感じかな
ストーリーは単純で先も読めるのですが、それでもワクワクできました
観始める前は、三池監督作品ということで“ありえないよ~”というツッコミ部分満載なのかしら?着いていけるかしら?と心配していたのですが、実際はそうした部分をしっかりと残しつつ、ちゃんとエンターテイメントに仕上がっていてビックリ!
三池作品=『DEAD or ALIVE』のイメージが強かったせいか、余計にそう感じたのかもしれません(まぁあれはあれで面白かったですが…はちゃめちゃだけど)

ただ、欲を言うなら…

同じキャスト、同じスタッフで全6回くらいのドラマにしてほしい!ですね
映画にまとまりがない…というのではなくて、あまりに盛りだくさんだからもっと細かくゼブラーマンの世界を観てみたいなぁとね、思ったわけです
完全に個人的な要望ですけど(苦笑)

ちなみに、この作品の脚本はクドカンこと宮藤官九郎さん
自分もエンドロールで知ったのですが、やっばり彼はすごいのかも知れない!(あ、今更ですかね)
彼の作品を全部見ているわけではないけれど、最近「面白い!」と思ったものにみんな関わっているんですもの
今度ゆっくり作品を見直して見ようと思います

また・・・
地震ですね…
5Fで仕事をしているせいか、結構揺れたぞ(怖)

それにしても、試合日に続けてなんて…ねぇ?
参戦組の皆様、お気をつけてくださいまし

注)試合に行けないため、いじけてます。気にしないでください(涙)
友人からの贈り物
FW巻が初代表!久保に代わり追加招集

忘れもしない5/14の市原戦(in臨海)!
ゴール真裏で見ていた私のココロに突き刺さる華麗なヘディングを決めてくれた「ちょっと(いやだいぶ)気になる」巻さんも代表に追加されちゃいましたね~
東京の四人(特に…今ちゃんが心配&期待大)はもちろん、地元千葉の阿部&巻コンビも観れるチャンスがあるなんて…個人的に今回の代表メンバーは“おなかいっぱい”な感じです
(※もちろん、嬉しい意味で!ですよ)

これで韓国行きココロがかなり揺さぶられております

うぅ~ん…
とりあえず、あっちに行ってしまえばチケは何とかなるんだろうか…
普通のツアーの方が安心だけど、仕事との兼ね合いがつかないし…
TVで放映されるといえばされるけど…
でも、やっぱり生で観たいし・・・

…悩みどころです

おまけ:
実は、代表の合宿地(@千葉)は我が家の近く(車で20分くらい)にありまして、当然のことながら同じエリアに昔からの友人も多く住んでいるわけです
その中の一人【暇な友人A】がわざわざこんな写真を撮ってきてくれました
とりあえず、感謝!(でも、誰もいなかったわけね…)

050728_113151.jpg

今、気付いた!
FC2でブログをはじめてから、早4ヶ月…
『ジャンル』と『スレッドテーマ』の存在にはじめて気がつきました(汗)

ハァ…相変わらず、アホです(反省)

これからはいろいろいじってみよ~っと(前向き)!
台風のおかげ
先日の地震騒動で懲りたから…というわけではないのですが、台風の関東直撃に備え、今日は早めに帰れることになりました!外出先から、わざわざ連絡をくれた社長!ありがとうございます

というわけで、地元“TSUTAYA”へ繰り出し、DVDをどっさりレンタルしてきました。今日は、その中から『アイデン&ティティ』を選択!みうらじゅん原作、田口トモロヲ監督、元ゴイステ・現銀杏BOYSの峯田君主演の“青春・ロック”映画です

見終わった後、どうしても『男おいどん』が読みたくなって…本棚をゴソゴソ
とりあえず、こちらも読破しました!

私は(一応)女なので、二作品に共通して描かれている“男の子”→“大人の男(社会人ともいえるかも)”への葛藤だったり、夢に対する熱い思いだったりするようなものをリアルに感じれてはいないのでしょうが、何かが胸にぐっとくる…そんな気持ちでいっぱいです

“少年の心”というと安っぽい感じがしていやなのですが、どんな状況でも、苦しみながらも、不器用で格好悪くても、ちゃんと自分を持っている…しっかり夢や理想を追い掛けている中島(『アイデン&ティティ』)とおいどん(『男おいどん』)
自分が出来ないから…ということもありますが、こんな二人にちょっとときめいてしまいました

映画の中で交わされる、中島に対する彼女(麻生久美子演じるティティ)の言葉ではないですが、

「君の仕事は理想を追うこと
君が理想を追ってる限り
私は好きよ 君のこと」

なものなんですよ、女って

最後に…
印象に残った中島の台詞を紹介させていただきます

「ロックの価値ってなんだ?
(答)自分らしくあること
じゃぁ自分って何だ?」

「みんなの心の中にも、きっとロックはすんでいる
そのロックはきっと言うだろう
やらなきゃならないことをやるだけさ
だからきっとうまくいくんだよ」

恋するパワー
20050726001211
ついつい購入してしまった『ブリジットジョーンズの日記』DVD二枚組セットと会社の同僚からのお土産・ずんだ餅“風”お菓子
今度の休みにゆっくり見ようと思っていたDVDですが、我慢できずに見ちゃいました♪

二作共、公開時に劇場で見たのですが、何回見ても同じところで爆笑!ややこしい演出もないし、謎も、考えさせるようなテーマもない。単純だからこそ何度も見てしまうのかもしれません

そして、とにかくブリジットがかわいい!不器用で、みっともないんだけど、ブリジットはいつも何事にも一生懸命!
そんな可愛いブリジットが恋に奮闘している様子を見ているだけで、“恋のパワー”が沸いてくるような気分になるんです
自分が恋愛中かどうかは別として、すごく「恋がしたい!」モードになるんですよね~不思議!

ついついお菓子を食べ過ぎつつ、甘~い気分に浸った夜でした
家族孝行の一日
20050724220313
ボーナスも無事に出たことだし…ここらでちょっと家族サービスしちゃおうかしら!
…というわけでもないのですが、今日はわが家に親戚三家族が集まって“海の幸&山の幸”満載のバーベキューの会を開催しました!(ついでに…午前中は甥と姪をつれて、八重洲のポケモンセンター行っちゃいましたよ!さすが夏休み!お子様が溢れてました…フゥ疲れた)

夕方のちょっと明るいうちからバーベキューを始めたのですが、海まで車で10分の距離に住む親戚が、びっくりするくらい大きな蛤を持ってきてくれたり(→もちろん焼蛤に!)、農家を営んでいる親戚がとれたてのとうもろこしを持ってきてくれたり(→もちろん焼もろこしに!)、デザートがキンキンに冷えた甘~いスイカだったり…まさに千葉の旬を食べ尽くすかのような品々が次から次へと出てくる出てくるw
しかも義弟は気合いを入れて、得意の焼鳥を焼いてくれたし!

普段からあまり肉を食べない(食べたとしても鶏がほとんどなのです)私にとって、今日のメニューは言うこと無し!うぅ~ん、満足♪という感じです

たまにはこうゆうのもアリですな!

追記:千葉の名産…なのかどうかはわからないのですが、小さい頃に大好きだった“ながらみ”って今は手に入らないんですかね~?
蝸牛みたいな形の貝なのですが、塩茹でしたものを楊枝でほじりだして食べたり、しょうが醤油で煮たり…
最近食べてないなぁ…
実は高級品なのかなぁ…
J18節 東京vs 神戸
東京vs 神戸 1-1

本日の神戸戦、行かれた皆様お疲れ様でした!

↓のエントリー通り、友人の披露宴に参加したため、今日の試合はスパサカ&HPでチェックしただけなのですが(どうやら今日の試合は夜中に録画放映(テレ東)されるようなので、後でゆっくりチェックしようと思っています)、引き分けとはいっても、かなり『攻め』ていた様子…。
今ちゃんのがんばりっぷりはもはやコメントするまでもなく、ゴールを決めたユータや果敢に攻めていた(と思われる)梶山、ノリオら“若者”たちが随分はっちゃけてくれたようですね。う~ん、非常に心強い!もちろん、『攻め』ていても点が獲れなければ勝ち点3を取れないわけですから、チャンスがあっても決められなかったという部分については反省すべき点なのでしょうが、リーグ中断を前にチームにそうした『攻め』の姿勢&勢いがでてきたということは非常に喜ばしいことなのでは?と勝手に思い込んでいます。

早く放送はじまらないかな~(ワクワク)

24日追記:
とりあえず、放送見ました
確かに若者たちはがんばってました
今ちゃんもがんばってたと思います

でも…正直、感想は「うぅ~ん…」という感じでしょうか
(スパサカで観たあの東京は?!編集って怖い…)

とりあえず、神戸には負けなかった
でも、勝てるポイントはいっぱいあった

前回も中断期明けに調子を戻したことだし・・・とりあえず今は『中断期』明けに期待!ということで
初体験…そして地震の影響
今日、生まれて初めて『新郎側』の友人として、披露宴に参加してきました!
以前在籍していた会社の同期の結婚式ということで、(当たり前ですが)席の周りは会社関係者ばかり!年明け早々、同じグループの別会社に移った私にとって、懐かしい顔に再会した一日となりました。

『新郎側』と『新婦側』

両方に参列してみて感じるのは、同じ披露宴の空間にいるにも関わらず、テーブルの雰囲気がまったく違うということ!やはり『新婦側』のほうが“華やか”で“和やか”で“優雅”。結婚式への憧れ・夢のようなものも関係しているのかもしれませんが、結婚式そして披露宴という『非日常の空間』をしっかり楽しもう!そこにちゃんとはまろう!みたいなノリがあるように思います。自分自身も普段じゃないような格好をして行くんですもの…新婦だけじゃなく、自分もちょっぴりお姫様ちっくな気持ちになるのかもしれません。祝福の仕方も、やわらかいというか…ちょっとうまく説明できないですけど…(反省)

で、披露宴の真っ最中に起こったあの大地震最近、千葉で地震が多いのが気になります…怖いよぅ
式場内のライトはもちろん、各テーブルのキャンドルや大きなウエディングケーキが揺れる揺れる…。幕張のホテルで式をしていたため、ついつい津波&液状化を心配してしまった私。式場では何も事故はなかったから言えるのですが、人生の大事な日にこんな地震が来るなんて…友人らしいといえばらしいかな?
主人公の二人はもちろん、出席した全員にとって忘れられない披露宴になったと思います

※この時、ホテルの方々の対応はすばやかったですね!出入り口の確保はもちろん、定期的な震度の連絡等、不安な気持ちになってる私たちへのフォローは完璧。サービス業/接客業としてみれば、当たり前のことなのでしょうが、ちょっとすごい!と感心しちゃいました

で、無事に披露宴も終わり、残すは二次会!
ご存知の通り、各交通機関が麻痺していたこともあり、当初は不参加予定だったメンバーも参加になる等、かなりの盛り上がりが期待されていたのですが…開始前になって驚くべき事実が発覚したのです

それは、地震の影響による『エレベーターの運転中止』
[初体験…そして地震の影響]の続きを読む
『ヴァイブレーター』
2003年
監督:廣木隆一
出演:寺島しのぶ・大森南朋

ようやく観ることができた映画『ヴァイブレーター
2003年公開なので、もう2年も経つのですね…(時が経つのは早い(汗))。
公開時からの評判のよさと大好きな俳優さんの一人である大森南朋さんご出演ということで、前からずっと気になっていた作品です。ちなみに、この作品は“女性に人気(らしい)” 赤坂真理さんの代表作(第120回芥川賞候補作)を映画化したもの。
といっても、原作を読んではいないのですが…

で、感想です
「うぅ~ん…(しばし余韻を考えつつ)いい!」という感じでしょうか。そして、ちょっと「羨ましいな」に近いような(イコールではないのです)感情が生まれましたね。

主人公は31歳のフリールポライターで、過食症&拒食症(食べ吐き)+アルコール依存症+頭の中に響く声に悩まされているという、“壊れてしまった”女性(寺島しのぶ)。深夜のコンビニでたまたま出会ったトラック運転手(大森南朋)に本能的にひかれ、そのままトラックに乗り込み旅(?)に出る…この作品は、そんな二人の旅をおったロードムービーという形式になっています。

とにかく、映画の中に一貫して流れているのは、どうしようもない“孤独感”とありえないくらいの“優しさ”
[『ヴァイブレーター』]の続きを読む
鳥繁@浦安
20050720234800
今日は久々に高校時代の友人に会いました
こまめに連絡は取り合っていたものの、会うのは実に九年ぶり!しかもお酒を飲みあうなんて…お互い大人になったなぁ~(しみじみ)
というわけで、友人の住む浦安でちょっと一杯してきました
向かったのは葛西西葛西?にもお店があるらしい焼鳥屋の鳥繁
平日だというのに、店内は意外と混雑気味…そんな中、なんとか満員になる前にカウンター席を確保して、さぁ飲み会スタートです!
ほぼ焼き鳥の全メニューをオーダーしてみたのですが、特においしい!と感じたのはささみとレバー!あまりレバーは得意なほうではないのですが、ここのレバーは臭いもなく、パサパサした食感もしないので、しっかり一本いただけちゃいました。そして鶏そぼろごはんと鶏茶漬け☆
うぅ~ん、美味しい!

で、飲んだ後、以前から友人が「気になっている」らしいラーメン屋に行ってみたのですが、あいにくタッチの差で営業終了
悔しいから写真だけ撮ってみました(浦安駅の裏側。「和風ラーメン」ののれんがありました)
機会があれば、是非また行ってみたい感じのお店でしたよ

※このお店をご存知の方がいらっしゃれば、求む!情報です!外観には店名もなく、閉店も早いようで、かなり気になっちゃってます
21世紀の骨のあるヤツ 
こと、我らが今ちゃん!(ぴあより)
「かわいぃ~」という声が掛けられちゃう今ちゃんが、ついにA代表選出ですって!!
わ~い!よかったね、今ちゃん!本当におめでとう!

東アジアに田中達、今野ら新戦力を選出=サッカー日本代表

前節、ちゃんとジーコさんは見てたんですね~
寝てたわけじゃなかったんですね~

いや~、イイ!気持ちよい!
これで代表の青赤戦士はなんと4人ですよ!(土肥ちゃん、モニ兄さん、カジさん、今ちゃん)
チケットはもうないらしいですが、ちょっとこれは生で観たいぞ!と思ってしまいます
韓国行っちゃおうかなぁ~~~

ただ、嬉しい話ばかりが続いちゃって、ちょっと怖い…という自分もいたりする(苦笑)

是非、今ちゃんには最近マイブームらしい「なぞなぞ」でチームメイトと上手くコミュニケーションをとって欲しいものですな!
(※ユータはいないけど、がんばるんだぞ!)
一日遅れの祝勝会
20050718221500
という口実を作って、やって来ました葛西のLa copa(ラコパ)!前にkaschuさんも紹介していたメキシコ料理のお店です
食事はもちろん、お酒も充実していて雰囲気もよい感じ♪ちょっとだけ入るのに緊張しましたが、入ってみて大正解!

で…写真はピンガで作ったお酒・カイピリニャとビーフのブリトーです
ピンガという名前は知っていたけれど飲むのは初めて!
ライムが丸々一個分くらい入っていたこともあり、さわやか~な気持ちにさせてくれるカクテル(?)でした。あまり後にも残らないし…お気に入りに追加です!
他にもタコスやケサディーヤ、アボカドのサラダ等も頼んだのですが、どれも美味しくて大満足(^-^)
今度は一人で来てみようと思います
J1第17節 FC東京VS横浜FM
FC東京VS横浜FM 4-0

全国○(→ご自由に数字をお入れください)万人の東京ファンの皆様!おまっとさんでした!本当におまっとさんでした!!
約三ヶ月ぶり、ホームでの勝ち点“3”しかも4-0での完封勝利でございます!
いや~本当にこの日を待ってました!
首を「これ以上伸びないよぅ」というくらいまで伸ばして、待ってました!

G1のいつもの場所で試合を観ていたのですが、ユータが駄目押しの4点目をきれいに決めてくれた瞬間から涙が溢れて溢れて…自分でも止められないくらい、号泣してしまいました

一緒にいった友人の「(よしよし)今までずっと待ってたもんね~よかったね~」と言う言葉で泣き…
「眠らない街」を歌いながらまた泣き…
今ちゃんのインタビューでちょっと笑って…
「We are TOKYO!」と叫びながら再び泣き…

久々に思いっきり嬉し泣きをさせていただきました
散々泣いた後は、もうず~っとニヤけっぱなし♪友人と別れた後も「いや~勝っちゃった!いや~いい試合だった!」と独り言しながらニヤニヤ…今も頬はゆるゆる状態です

ちなみに、負け&引き分け試合のときは『飛田給→調布』までを歩くことにしている私ですが、今日もついつい歩いちゃいました(ただ、いつもと同じコースじゃ縁起が悪いから『飛田給→東府中』の逆方向へ)なんだかんだいっても、まっすぐ帰れない性分みたいです、私

で、勝利といえばMOTです
今から誰にしようか迷っているのですが…
[J1第17節 FC東京VS横浜FM]の続きを読む
前半終了!そして花火!
20050717200901
攻め攻めの東京!
こんちゃんの綺麗なゴール!
そしてビールと花火!
最高です!
味スタ到着!
20050717184805
暑い!
かなり混んでいますが、気持ちよ~い(^O^)
楽しむぞ!
花火と花火
明日は“ホーム”で磐田戦(うわぁ~昔だなぁ…)ぶりの“勝ち点3”を獲得する日です
しかも、花火と浴衣とビールが(ついでに加地さん人形とかも)着いてきちゃいます
こんなお得な試合を見に行かない…わけはないんですが…

実は、ついさっきまで「行く」か「行かない」か迷ってました
なぜかというと、理由はコレ

注)別に家族や会社の仲間から「おまえが行くから負けるんじゃ…」「行かないほうがいいんじゃない?」といわれたからじゃないですよ!

毎年恒例の横浜花火大会とマリノス戦がかぶっちゃったからなんです
[花火と花火]の続きを読む
カード破産への道…
珍しく地元をブラブラ&実家でまったり…するはずだったのですが、ど~しても買わないといけない!ものがあり、ちょっくら街までお出かけしました

…が、これが間違いのはじまりはじまりw
閉店の3時間ほど前にお目当てのお店に着いたので、必要なものだけ勝って帰ろう!とね、最初は思っていたんですよ、私も…

でも、世の中は『バーゲン』真っ最中なんですね~、しかも終盤!
あちこちに50%OFFとか70%OFFとかいう赤い文字がね、あるわけです

・・・ポキッ

ココロの中で何かが折れました。確かに、そんな音がしました。

気づいたときには、
・両手に袋がいっぱい(反省-①)
・しかも、仕事に着ることが出来ないような服&小物ばっかり(反省-②)
・靴なんて、いくら安くても4足もいらないと思う(反省-③)
以下省略

ハァ~本気でカード切断しないとダメ人間になってしまうかもしれない…
帰ってきて気づいたんですが、買わなくちゃいけないもの、買ってないし…
フゥ…

第六回『フットサルできるかな』
ついこの間、第五回が終了したばかりですが、自分に勢いがあるうちにw…ということで、第六回を開催しちゃいました

今日のコートは、我がチームのホームコートになりそうな新浦安のfellows futsal clubです
車がないと少々便が悪いのですが、何より深夜0時までコートを利用できるのが高ポイント!今日も22時からのスタートです

今回も人数が少なく、結局4-4形式でしかゲームが出来なかったのですが、そのおかげで、とにかくよく動いきました
夜といっても湿度が高く、暑い&汗だくでしたが、体を動かすのはやっぱり気持ちがよい!
あぁ、生ビールが美味しいだろうなぁ…という心理状況が発生すること請け合いです

それにしても…いくら試合をみていても、体は動けないですねぇ~(しみじみ)
選手はすごいなぁ…
↑当たり前ですが

独眼流?
20050715002709
↑我が家のカバ太と目薬ふたつ

別に汚いものを触った覚えも、普段行かないような場所に行ったわけでもないのに、左目が大変なことになってしまいました
「うぅ~ん、何だか目が痒いよぅ…」と目をかいたような…うっすらとした記憶は確かにあった!でも、まさか、朝目覚めたときに目が開かなくなってるなんて思わないですよ?普通は!
結局、目が覚めてしばらくたっても、目は開かない。しかも、涙は溢れてくるし…
朝からかなり動揺しました

とは言っても、休めるわけじゃないので、その状態でなんとか出社
とりあえず、朝一で片付けなければいけない業務を終わらせて病院に行ったのですが…診察してくれたお医者さんの一言がかなりショッキングでした

「あら、かなり赤いね~。それに白目がぶよんぶよん」

…え?ぶよんぶよん??
私の左目は一体どうなってるのよ…とかなり不安に!
結局、アレルゲンかばい菌が目に入ったことによる炎症らしいのですが、「ぶよんぶよん」という言葉のインパクトが強すぎて、すぐには状況が把握できなかったですよ

ちなみに…うちの母は娘の目をみて、「『死んだ魚の目』みたい」と一言呟いてくれました

ちょっと凹みました

●今日わかったこと
・片目で生活する(眼帯をしていたので)のはしんどい
→特にPC操作&階段の昇降がつらい

・瞳がキレイだね…なんて言われたことはないので、その喜びはわからないが、明らかに「瞳がキレイじゃない」というようなことを言われるのはかなり嫌な気分
勝利! 
FC東京vs清水(@日本平) 1-0

スタジアム?…行けてません
TV観戦?…出来てません

(仕事しながら)
ずーと速報見てました!

祈ってました!

勝ちました!!!

神戸引き分け、柏勝利という状況を考えても、
かなり価値ある勝ち点3獲得!!

そして、ルーカス!!

やっぱりルーカス(涙)!!

どうしよう、、、

頭の中を『眠らない街』が回っているよぅ…
ついつい顔が笑ってしまうよぅ…

とにかく、We are TOKYO!

遠征された方々、久々の勝利を存分に味わっちゃってくださいませ
もう羨ましいなんて言いません!
だって、純粋に嬉しいんですもの!スタジアムに行けていなくても、こんなにこんなに嬉しいんだもの!

さぁ!次はホームで勝つぞ!
上がる
まもなく試合が始まります
実際の天気はわかりませんが、予報によると雨は降らないようですね<静岡
平日&アウェイ開催とはいえ、日本平だったら意外と足をのばしている方が多いのかも?!

で、こんなタイミングでなんなのですが、今の気分にぴったりな曲を見つけたので音楽関係のエントリーをば…
(すみません、前ふりと全然関係ないです(汗))

今回紹介するのは、最近発売されたケツメイシの4thアルバム『ケツノポリス4』に入っている一曲『上がる』です

ケツメイシというグループがどの音楽ジャンルに入るのか全くわかりませんし、興味もないですが、彼らが生み出す『歌詞』に惹かれて毎回アルバムを購入している私
別に毎回ライブに行くわけでもなく、彼らを追っかけるわけでもなく、新譜を予約するわけでもなく…発売されているのを発見したら“買う”程度なのですが、今回は(自分が勝手に決めているケツメイシアルバムランキング第一位の)『ケツノポリス2』(2nd)に匹敵する名盤だと思いました

で、『上がる』ですが…
[上がる]の続きを読む
よくない方向へ…
事故:思いがけず生じた悪い出来事。物事の正常な活動・進行を妨げる不慮の事態。
事件:①.世間が話題にするような出来事。問題となる出来事。 ②.「訴訟事件」の略。
~共に『YAHOO!』辞書検索(大辞泉)より

この件に関してエントリーするのは、もう辞めようと思っていました
まだまだリーグは続くし、応援も続く
土曜日のことを忘れるわけではないけれど、明日の清水戦、そして週末のマリノス戦に向けて、気持ちを切り替えようと思ってました

そんなときに出されたこのコメント

フロントさん・・・
今回の出来事は、本当に単なる“事故”なんですか?
本当に、本当に“事故”だと思っているのですか?
これは、Jリーグの歴史に残ってしまう、忌まわしい“事件”ではないんですか?

そして・・・
まさかこれで“終り”にするんではないですよね?
「是非ファンの皆様と一緒に考えて…」この言葉を信じていいのですよね?
次に何かリアクションがあるのですよね?
それとも、先日小平で行われたという青空ミーティングですべては解決したというのですか?
そもそもそこでは一体何が話し合われ、何が決められたのですか?
それを私達“一般”サポは知ることができないのですか?

ご存知だと思いますが、今回の件を世間の人々は『FC東京のサポーター』が引き起こした事件だと認識しています
『FC東京』のゴール裏の人々が扇動したために、引き起こされた事件だと認識されています
そして『FC東京』のサポーターが“また”事件を起こした…と呆れられています
世の中では、単なる個人が起こした事故だとは思われていないのですよ?

別に私は厳罰を科すことだけを望んでいるのではありません

ただ、納得のいく対応を望んでいるだけです
東京サポだけでなく、(ヴェルディを含む)すべてのJサポーターが納得する対応をして欲しいだけなのです

お願いだから、これ以上、大好きな東京を傷つけないでください

※以上、同じ文章を『ご意見箱』にもメールさせていただきました


追記(12日20時10分頃):
私がこのコメントを見た時点で、『事件』は『事故』と訂正されていました。データ保存もしてないし、印刷もしていないので、確かめるすべはありませんが…。
この訂正は、単なる誤植が理由だったのでしょうか?
それとも、私同様に感じた方からの意見が多かったのでしょうか?
フロントは、今回の件を本当はどう考えているのでしょうか?

全く訳がわかりません。
土曜日の事件について
すべてのJリーグファンのみなさまへ(お詫び)
傷害でサポーターを逮捕 灰皿のふた投げ3人けが

土曜からの嫌な気分が抜けないのはこの事件があったことも大きく影響しているような気がしてなりません。一東京ファンとして、この事件について触れないという気分にもなれず…また、自分の中の気持ちを整理する意味でも、事件について思うことを書かせていただきます。

(試合内容は置いておいて…)あんなによい雰囲気がひろがっていたスタジアムで、こんな事件が起こっていたなんて…未だに信じられない気持ちがほんのちょっと残っています。
みんなが本気で『勝利』を願って戦った試合で勝てなかった…それだけでも悔しい&悲しいのに、そんな戦いの裏で、信じられないような事件が起きていたということ。そして、それは試合の前に、同じ東京ファンの手によって引き起こされていたということ。
スタジアムで、どしゃぶりのG1で、私が感じたあの“いい雰囲気”は一体何だったのでしょう?
何も知らずにダービーチャントを歌っていた自分はなんだったのでしょう?
あの事件を見ていたor知っていたヴェルディファンの人達は、あのチャントをどんな気持ちで聞いていたのでしょう??
時間がたてばたつほど、怒りと悲しさと情けなさが溢れてきてどうしようもありません

何度も書いているように、私は『FC東京』ファンであると同時に、それを支えるサポーターのファンでもありました
自分がここまでサッカーを好きになれたのは、何人かの熱狂的な東京サポーターが自分の周りにいてくれたから。そして彼・彼女らが、サッカーの面白さを教えてくれたから。
だからこそ、私はスタジアムに足を運んで、一緒に応援をして、一緒に勝利の喜び、そして敗北の悔しさを分かち合ってきた…東京を愛するサポーターとして、常に一緒の思いで戦ってきたつもりです

それなのに…“ダービー”という重要な試合で、自らのホームである味の素スタジアムで、多くのサポが知らないうちに、あってはならない事件を“仲間である”東京サポが引き起こしてしまった…

自分はコアな部分の人達と何の接点もないし、あの行進にも参加していません
でも、あの事件は『FC東京のサポーター』が引き起こした事件として、自分と無関係だと言い切ることはできないのです

この事件をうけ、東京サポは様々な制裁をうけることになると思います(公的なものはもちろん、各個人が様々な部分でいろんなことを言われるでしょう)
あの事件を起こした本人、そしてその周りにいた人々に対する怒りは非常に大きいです。事件そのものに対する怒りはもちろん、愛する東京を傷つけられた怒り、そして、同じファンとしての思いを裏切られたことに対する怒り…すべての怒りを事件の当事者達にぶつけたいです
でも、世の中から見れば、あれは『FC東京のサポーター』が引き起こした事件なんです。だから、私も…事件の当事者じゃなくても…反省しなくてはいけないんだと思うのです

なんだか乱筆になってしまいました。ここまで読んでくださった方、ありがとうございました

最後に…怪我をされた方はもちろん、あの日スタジアムにいた方々、そしてヴェルディファンの方、今回、FC東京ファンがあのような事件を起こしてしまったことを心よりお詫びいたします



DEEP BLUE
20050710233302
ココロとカラダの怠さは全く抜けていませんが、ずっと凹んでいるわけにもいかない…ということで(ちょっと無理矢理ですが)DVD鑑賞会を開催してみました!

本日のメニューは最近話題のドキュメンタリー映画『DEEP BLUE』
その名の通り、全編を通して真っ青な“海の”世界を楽しめるこの作品。本当は劇場で見たかったのですが、都合がつかず、DVDでの鑑賞と相成りました

で、感想ですが…
とにかく迫力がすごい!早い話、企画自体は○HKスペシャル的なものなんですが、費やした時間と金額の差をそのまま見せ付けられた気分です
「一体どうやって撮影したんだ?」というような映像や、まるで演出されたかのように繰り広げられるドラマチックなシーン等、まさに、海という未知の世界が持つ“深さ”をこれでもか!という程、ぶつけられた気分とでもいうのでしょうか…かなりお腹いっぱいです
ただ、海の様々な生き物にスポットをあてすぎたためか、各エピソードに対する物足りなさが残ってしまったのが残念だったように思いましたね

(※是非見ていだきたいのでネタバレは避けます)

これまで、こうしたドキュメンタリー映画(“社会派”というジャンルに入るドキュメンタリー作品をみることはありますが…)をみたことがなかったのですが、この作品をみて、現在公開中の『皇帝ペンギン』とタイトルは忘れましたがサーファーのドキュメンタリー映画は是非劇場で観てみたい!と思いました

最後に…ご自宅に大型液晶テレビもしくはプロジェクターのある方!是非、招待してください!DVDを持って、遊びに行かせてください!お願いします
東京ダービー FC東京vs東京V
FC東京vs東京V 0-0
体力に自信はないけれど、体だけは丈夫!なはずの私ですが、今日の『雨の中、二時間立ちっぱなし&飛びっぱなし+声だし』+『冷房が効きすぎた電車』はさすがに体を蝕んだようです…。なんだかほんのり風邪の気配がしてますよ。。。(ヘクションッ)

覚えているうちに…まずは試合の内容から

一言で言うと『ボタンが掛け違ってる』or『歯車があっていない』という感じをすごく受けました。連敗中&ダービーということで、今日の試合に対して、選手もサポもすごく気合が入っていたと思うんです。実際、個人のプレイの中には「おぉぉ!」というのもチラホラありましたし…(モニのディフェンスとか)
でも、そういったプレイが“繋がっている”感じがしないんです。おそらく、パス回しが微妙(うまく言えないですが、危険なコースに出すパス回しが多くて、カットされることも多かった)だったのが大きな要因だと思うんですが、個々人がいい動きをしても、それが結果として『シュートまでいかない=得点が入らない=勝てない』という悪循環になっていしまう…
天候のせいもあるのでしょうが、なんだかな~という気がしてしまいましたね。残念ながら…ですが

で、ここからは私の勝手な感想です
[東京ダービー FC東京vs東京V]の続きを読む
決戦は雨曜日!
20050709181803
味スタ到着!
今日は濡れるの覚悟で屋根なしエリアに陣どりました!
…というか、すでに席がなかっただけですが
さ、わらってかえるぞ!
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。