やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『ヴァイブレーター』
2003年
監督:廣木隆一
出演:寺島しのぶ・大森南朋

ようやく観ることができた映画『ヴァイブレーター
2003年公開なので、もう2年も経つのですね…(時が経つのは早い(汗))。
公開時からの評判のよさと大好きな俳優さんの一人である大森南朋さんご出演ということで、前からずっと気になっていた作品です。ちなみに、この作品は“女性に人気(らしい)” 赤坂真理さんの代表作(第120回芥川賞候補作)を映画化したもの。
といっても、原作を読んではいないのですが…

で、感想です
「うぅ~ん…(しばし余韻を考えつつ)いい!」という感じでしょうか。そして、ちょっと「羨ましいな」に近いような(イコールではないのです)感情が生まれましたね。

主人公は31歳のフリールポライターで、過食症&拒食症(食べ吐き)+アルコール依存症+頭の中に響く声に悩まされているという、“壊れてしまった”女性(寺島しのぶ)。深夜のコンビニでたまたま出会ったトラック運転手(大森南朋)に本能的にひかれ、そのままトラックに乗り込み旅(?)に出る…この作品は、そんな二人の旅をおったロードムービーという形式になっています。

とにかく、映画の中に一貫して流れているのは、どうしようもない“孤独感”とありえないくらいの“優しさ”
[『ヴァイブレーター』]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。