やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『ゼブラーマン』
今日の一本は哀川翔兄さん“100本目”の主演映画としても話題になっていた『ゼブラーマン』です

時間も時間だし、ちょっとだけ観てみようかしら…という軽い気持ちで観始めたのですが、すっかり引き込まれちゃいました!気付けば時間はもう3時…今日も仕事ですよ!自分!と、ちょっと反省

で、感想はというと…
久々にワクワクしながらみることのできた映画という感じかな
ストーリーは単純で先も読めるのですが、それでもワクワクできました
観始める前は、三池監督作品ということで“ありえないよ~”というツッコミ部分満載なのかしら?着いていけるかしら?と心配していたのですが、実際はそうした部分をしっかりと残しつつ、ちゃんとエンターテイメントに仕上がっていてビックリ!
三池作品=『DEAD or ALIVE』のイメージが強かったせいか、余計にそう感じたのかもしれません(まぁあれはあれで面白かったですが…はちゃめちゃだけど)

ただ、欲を言うなら…

同じキャスト、同じスタッフで全6回くらいのドラマにしてほしい!ですね
映画にまとまりがない…というのではなくて、あまりに盛りだくさんだからもっと細かくゼブラーマンの世界を観てみたいなぁとね、思ったわけです
完全に個人的な要望ですけど(苦笑)

ちなみに、この作品の脚本はクドカンこと宮藤官九郎さん
自分もエンドロールで知ったのですが、やっばり彼はすごいのかも知れない!(あ、今更ですかね)
彼の作品を全部見ているわけではないけれど、最近「面白い!」と思ったものにみんな関わっているんですもの
今度ゆっくり作品を見直して見ようと思います

スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。