やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
東アジア選手権 日本vs北朝鮮
日本vs北朝鮮 0-1

登録選手のほとんどを入れ替え、本気で“勝利”を獲りにきた北朝鮮が初戦の相手となった今回の東アジア選手権
私の記憶が正しければ…かなり前(最終的な召集メンバーの発表よりもずっと前)から、我らが指揮官は「今回は何があっても優勝!」とおっしゃっていたように思います
とにかく「アジアのチャンピオンとして、何としても前回の雪辱を果たす」とね…

私は基本的に“人の言葉を信じやすい”タチですので、このジーコさんの言葉を信じて、コンフェデ杯ばりにこの大会を楽しみにしていたわけです
海外組は召集されないといっても、その分Jの各選手にチャンスが巡ってくるわけだし…
来月のイラン戦を待たずに、ドイツへの切符を手にしたことで、確かに選手の緊張感やモチベーションは下がったかもしれないけど、ジーコ自ら「優勝!」を公約していたわけだし…
なんだかんだ言っても、素晴らしい試合をみせてくれるはず!と信じていたわけです。ブラジル戦で一皮剥けたかに思えた新生ジーコジャパンをみることができるとね(勝手な思い込みですが…)

で、今日の試合なわけです
北朝鮮、恐いくらいに必死でしたね。とにかく「勝ちたい!」、何が何でも「負けたくない!」という彼らの気持ちが伝わってきました。その“必死さ”は敵ながらあっぱれ!という感じです

それに比べて…
我が日本の選手は本気で勝ちたかったのでしょうか?
本気で優勝したいのでしょうか?
選手一人一人にそう問い掛けたいような気持ちになりました
実際、日本が「点を獲りに…勝ちにいってる」と感じたのは後半40分過ぎからだけだったように思います

ジーコの言葉を鵜呑みにしていた私がバカなのかもしれませんが、本気で「優勝」を目指すなら、もっと貪欲に勝利を求めて欲しかった…コンフェデ杯でみせてくれたワクワクするプレイを見せて欲しかったです

正直、今夜の代表を“私達の代表!”と胸をはって世界に紹介することは出来ないです。強い相手には必死になって食らいつくけれど、そうではない相手には手を抜いてしまう…というわけではないのでしょうが、代表はいつだって“勝ち”にこだわってくれていないとダメなんです!結果として“負け”だったとしても、ちゃんと勝負をしてない負けは認めたくないんです!

もし、ジーコの言葉が単なる社交辞令で、ネタなんだとしたら(=そこまで本気で優勝は目指してないのなら)…新しく召集されたメンバーを本気で試して欲しい。彼らをちゃんと実戦で試して、実力を評価して、彼らの潜在能力を覚醒させてほしい。

もし、本気で優勝を狙っているのなら…アジアチャンピオンという肩書やドイツへの切符保持国という今の立場を忘れて、不退転の覚悟で試合を戦って欲しい
格好悪くても、とにかく勝利を重ねることで、本当に強いチームができると思うから

ふとそう感じました

いかんですね…
寝てないせいか、妙なテンションになってます
反省

スポンサーサイト
怒涛の週末
☆青赤のない週末☆

7/29(金)
・22時~24時:フットサルできるかな@新浦安
・25時~26時頃→推定:アテネオリンピック(サッカー)DVD鑑賞 ★今日に備えた復習※最後まで観れず…記憶遮断

7/30(土)
・午前中:「空って何で出来ているの?」「雲ってなに?」(甥っ子4歳からの質問)について必死に答えを考える→雲を作る実験実施
・13時~15時:お庭でプール
・17時:1年半ぶり友人との再会(@成田空港)
・19時~:宴会(@横須賀…のつもりが千葉)
・24時:帰宅

7/31(日)
・3時:起床
・6時:社長をお迎えに…(by 車)
・10時:大洗海岸で会社のイベントに参加・12時:千葉へ
・14時:社長のお供
・18時30分:無事帰宅←ココ!
・19時30分:東アジア選手権観戦(予定)

書き込みたいネタ山盛りの三日間!

でも、今は…(とりあえず)
日本がんばれ!
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。