FC2ブログ

やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
ほんのちょっと考えてみた
昨夜、千葉勤務時代によく一緒にお酒を飲んだ先輩が↓で書いた居酒屋に行ったそうです
そこはロッテの初芝選手を熱狂的に応援している居酒屋で、たびたび本人も出没するお店。壁一面に張ってあるメニューのほとんどが“いつも売切れ”だったり、生ビールはセルフで注がなくちゃいけなかったり、そもそも会計自体がマスターの気分によって変わっちゃうような愛すべきお店。
昨夜、マスターは笑いながら泣いてたって、その先輩は教えてくれました


話は変わって、週末のフクアリ

満員御礼となった雨のフクアリにはいろんな人がいました

 ・新スタジアムの誕生をココロから喜ぶG裏住人たち
 ・セレモニーに出席した京谷和幸さんの姿に涙ぐむ古参サポ
 ・大雨の中、セレモニーに出演した小学生たち
 ・市民招待のハガキを持ってスタジアムを訪れる家族連れ
 ・招待席に座る年配の方々

こけら落とし=“二度とない”お祭りだから、こうした光景があるのは当たり前なのでしょう

ゴール裏のコールーリーダーは試合が始まる前にメイン&バックの両スタンドにむかって「90分間共に楽しんで、90分後に笑顔になって帰りましょう」というようなことを叫んでいました
そして黄色と緑の風船がホーム側を埋め尽くしました
JEFサポも初観戦の人も、祭りにのっかった他サポも…いろんな人で埋めつくされたフクアリ

 この日、地元の新聞社から【JEFとロッテ】を特集した特別版が発行され、各戸に配達されました
 JRの駅ではオシム監督を表紙にしたフリーペーパーが山積みになっていました
 蘇我駅からスタジアムに続く、寂れた道にはJEFのフラッグが何本も掲げられていました


☆JEFの新スタジアムを見るためにフクアリへ足を運んだたくさんの人達
☆ロッテのリーグ優勝を見るためにマリンに足を運んだたくさんの人達


サッカーの面白さを知る前の私だったら、おそらくこう言うでしょう
「踊らされてバカみたい。ただのミーハーじゃん」
でもね、そうじゃないんだよと
きっかけはどんなものであったとしても、そこから何かが変わっていくこともあるんだよと、昔の私に説教してあげたい気分w

 ・自分が生活する街のすぐ近くにプロがいるという喜び
 ・おじいちゃんもおばあちゃんもお父さんもお母さんも子供も…みんな揃ってプロの試合を楽しむことができるという大きな喜び
 ・野球にしろサッカーにしろ(もちろん、バレーやバスケにしても)、本気で応援できたり、好きになれるチームが地元にあるという喜び

深川地代からの青赤サポの皆さんが持つ“東京愛”がほんのちょっとわかったような気がします
スポンサーサイト



Designed by aykm.