やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
J1 第11節 東京vs甲府
東京vs甲府 3-1

なんとがGWのお休みが人並みに確保できてから、遠足の準備にとりかかったもんだから、ギリギリまでアタフタアタフタ…
生まれた初めて経験する『帰省ラッシュ』の乗車率150%超え特急に乗り込み、行ってきました!甲斐の国♪
甲府駅に着いた瞬間からAWAYの洗礼ならぬ大歓迎に涙腺が緩んでしまったのは私だけじゃないはず…

あったかすぎる歓迎とキレイな空気と最高の景色と大きなお土産『勝ち点3』をもらえたこの遠足…うん、行ってよかった!!とココロの底から思っております

ルーカスの二得点やノブオさんの得点+試合後のいい人っぷりはもちろん、土肥ちゃんはやっぱり神だよね~とか、若造FW三名(赤嶺・小澤・リチェーリ)の負けたくないんじゃー感とか、FWもいけちゃうんじゃないかな?なモニとか、左足大丈夫なの?!今ちゃんとか、相変わらずHENTAIなかじや~まとか、とかとかとか!!!

あまりに流しすぎな審判のおかげで「え?これって公式戦よね?」って思っちゃったり、ほんの一瞬だけ甲府のサッカーに見入っちゃったり、「これは完璧!」なわけではないのだけれど、とにかく、ニヤニヤ出来る試合だったな~と思っております<嬉しさと笑いと…という意味で(※「あ!カツラ落ちた!」と思ったのは私だけじゃあるまい…)

びっくりするぐらいに澄んだ青空、360°見渡す限りに広がる稜線、そしてどこまでがHOMEでどこからがAWAYなのかわからない青と赤のスタジアム(試合後の挨拶でやっと境界がわかりました)+スタジアムに集まる本当に地元の(甲府っ子っていうのかな)サポーター

失礼かもしれないけど…自然の中の、のんび~りした空気の中で「そこにサッカーがある」っていうことをすごく純粋に楽しんでいるっていう気持ちが伝わってきたような気がします。ただ単純に“地元”にサッカーチームがあって、そのサッカーチームをみんなが愛してて、楽しんでて、慈しんでてっていうあったか~い雰囲気。
試合後、甲府の選手(試合に出ていない選手)が、スタジアムの周りをウロチョロしてるんですもん。普通に出てきて、普通に歩いてて、普通に子供たちに囲まれてるんですもん。なんだか、こう…ちょっとショッキングでしたよね、あの風景は。たぶん、こういった風景や雰囲気は「JFLからJ2」「J2からJ1」…っていう中に必ずあるものなのでしょう(東京も含めて)。それを目の前で見た衝撃というのか感激というのか…うらやましいとか、そうゆうのではなくて、う~ん…なんといえばいいのだろう…難しいけれど、ココロが震えました

来年もまた小瀬に行きたい!そんな気持ちになれる遠足になりました

+甲府のサッカー、好きです、私

※試合後、G裏の座席に寝転んで見上げた青空
口をぽか~んとして見入っちゃった青空

060503_161139_M.jpg

[J1 第11節 東京vs甲府]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。