やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
初めてのW杯-②

こちらは『我が日本代表』について書きます

先月書いたように、私は現代表に対して(一部除く)「思い入れがない」=「愛がない(のかもしれない)」人です
代表を語れる程、試合を観ているわけではないし、日本のサッカー史を知っているわけでもないし…

大会が始まる前、私は他人事のように「予選突破?厳しいんじゃ~ん?勝てそうな気しないもんね~」なんて冷めた気持ちでいました
正直、心の中の半分以上は「勝てないだろうな」な状態だったし、下手に「勝てる!」って言い切ってしまって(信じきってしまって)後で傷つくのも嫌だったし…ずるいですね、私w

でも、いざ試合が始まってしまえば“俺たちの代表”なんですよね
好きとか嫌いとか信じれないとか、そうゆうこととは無関係に「日本」なんですよ
経緯がどうあれ、彼らが“私たちの代表”=「日本」なんですよね
そうすると、やっぱり負けたくないんです
負ける姿は見たくないんです
これが愛国心なのかなぁ~よくわからないけれど

一つ一つの試合やプレイや采配や…とにかく、細かくチェックすることはしません
「日本のレベル」とか「世界のレベル」とか、そんな話をする気もありません

とりあえず、
悔しかった
決勝Tに行きたかった

それだけです

これまで長い間、日本のサッカーを見続けてきた人には鼻で笑われると思いますが…私の中の『代表』というものの歴史が2006年の、この予選リーグ敗退から始まった気がしています

誰かが
「今日負けても、明日もあさっても…2010年を過ぎてもサッカーは続いていく」
みたいなことを書いているのを観ました

4年後なのか8年後なのか20年後なのか40年後なのか80年後なのか
いつ何がどうなるかはわからないけれど、サッカーが続いていく日々のなかで生きていけるという幸せは他にないなって
W杯での優勝がゴールとは思わないけれど…「いつか」それが来ることを信じれるのはいいなって

「まだなんにもはじまっちゃいねえ(C)キッズリターン」

結局、そんな言葉を自分に言い聞かせてます

[初めてのW杯-②]の続きを読む
スポンサーサイト
初めてのW杯-①

梅雨入り…なんかに触れてみても仕方ないので、この時期の王道『W
杯』について書こうと思います

まずはその①「海外ってすげ~な~」編ですw

世代的には90年イタリア大会ぐらいから記憶にある方もいるのでしょうが、サッカーになんの興味もない状態で成長してきた私にとっては、98年のフランスはもちろん、2002年の日韓大会でさえ、全く記憶にないもの…それがW杯でした(大騒ぎしてたのは知ってたけどね)
『2004年の夏』なんていう中途半端な時期にJリーグの一チームを切り口にして“サッカー”に出会ってしまったものだから…しかも、まだまだ“サッカー”がよくわかっていないから

・「代表」への熱い想いがあまりないかも
・「世界」って??すごさが全くわかってましぇん

な状態でこの6月を迎えたわけです、ハイ
そんなわけだから、いまいちモチベーションもあがらず…
土肥ちゃん・モニが出ればいいな~ぐらいの気持ちで、比較的まったりとW杯を捉えていたわけです、ハイ

が、ふたを開けてみたら…自分でもびっくりするぐらい熱くなってる自分がいますw

[初めてのW杯-①]の続きを読む
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。