やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
J1 第14節 東京vs鹿島【追記あり】
東京-鹿島 2-4

いかないはずだった昨日の試合
散々迷ったあげく、お仲間の協力を受けてなんとか行ってまいりました
(チケを譲ってくれた貴方様、一緒に現地まで向かってくださった皆様、現地で仲間に入れてくださった皆様、ほんと~にありがとうございました!!)

で・・・

今回はものすご~く悔しいです
もしかしたら、今シーズン一番(気のせいかも?中断明けだからそう感じただけかも)『悔しい

書く前にはいろいろ考えてもいましたが、なんだか書けん

次の長居・・・行ってしまいたいわ(我慢我慢)

【以下追記】

感情にまかせっぱなしのエントリだけだと、後味悪し・・なので、気づいたことをメモメモ(というかグチグチ?)

失点の場面を除いて…守備は、まぁよかったじゃないかな。鹿島のコンディションがいまいちつかめていないので、的外れなのかもしれないですが、「誰が誰につく」「誰が誰をおさえる」というルールは比較的に機能していたのではなかろうか?(重ね重ねになりますが、鹿島が悪かったのかもしれないけど)相手の動きを鈍く+相手の選択肢を狭めることはできていたのではないかと思いました。ただ、あくまでこれは“比較的に”のお話。前半の最後や後半の頭(=いや~な失点の場面)で、それが出来ていなかったこと(集中が切れた?)がものすごく悔やまれます。。。
格下の相手だったら、その集中力の途切れも隠せたかもしれないけれど、相手は“腐っても鹿島”ですから。。ちゃんとこちらの隙をついて「決められるときに決める」と。
逆に、東京はこれが出来なかったわけです(たら・れば言いたくないけどね)。「守備がガチガチ(=ルールに沿うという意味で)だからって、攻撃までガチガチになるこた~ないじゃん」とね思ってしまったわけです。攻守が切り替わったときのその“一呼吸”が鹿島よりもずいぶん長く感じられてしまったのは気のせいでしょうか?守備とおんなじように攻撃もじっくりやろうとしちゃってるのかなぁ~。う~ん・・・
にも関わらず、ところどころにSEXYさが見え隠れしちゃうもんだから、余計に悔しいわけで(ルーカス2得点ありがとう!!)

相手が攻撃しにくいように守れるのなら、相手が守りにくいように攻撃することもできるじゃないかな(って、そんな簡単じゃないのでしょうが)

今回の試合では

・決めなくちゃいけないときに決めてないと勝てない
・集中力って大事

という当たり前のことを勉強しました

【追記おわり】


[J1 第14節 東京vs鹿島【追記あり】]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。