やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
TV観戦あれこれ
①ワールドユース:日本vsベナン 1-1
②親善試合:浦和vsFCバルセロナ 0-3
③コンフェデ杯:ドイツvsオーストラリア 4-3

時々記憶を飛ばしながらも、三戦共無事に観戦しました!
全試合が終了したのが、朝の6時近く。。とりあえず、一時間程寝て、出勤です。

で、あんまり覚えていないですが感想をば…
①(まずは東京の2選手へ)まっすぅ&梶山、おつでした!前半の梶山さん!キレてましたね。『攻撃』への姿勢もすごく感じられたし…。後半ちらっと写ったベンチでひざを冷やしている様子が痛々しかったですが、今後のユース大会&帰国後が楽しみです。
個人的に、観ていてすごいな~と思ったのは、家長・水野・西川の三選手!プレイもですが、勝利への気迫も特筆していたような気がします。今後が非常に楽しみですね。あと気になったのが、選手同士がぶつかる音!うまく形容できないですが、「うわぁ~本気だぁ~肉弾戦だ~~!」という「世界大会なんだから当たり前じゃん!」とお叱りを受けそうな感動を覚えてしまいました。ただ、他の二試合にくらべて、何というか…がむしゃらだけど繋がらない感じ?そんな歯がゆい感じがしたことも事実です

②すんません、、、あまり記憶がないかも(苦笑)。結果をみれば、浦和は得点0・バルサ3でしたが、それほど一方的、且つお遊び的なイメージはなかったです。前半は「遊ばれているのかしら?」「コートは半分しかないのかしら?」と思ったりもしましたが、前半途中&後半は(大声援も手伝って)浦和がキレキレになる場面もありました。サッカーは『技術』だけじゃないということを改めて感じましたね。まぁ確かにバルセロナの速さやパス回しの正確さには驚嘆しっぱなしでしたけどw
こうした親善試合に対して、批判的な意見をする方も多くいるようですが、個人的には「長い目でみればよいこと!」だと思います。
ユベントス戦の時も書きましたが、世界最高峰のプレイを『日本で』・『生で』見れるということの意義…『百聞は一見にしかず』ではないですが、これからの日本サッカーを支える子供の周りにそうした環境があるということ…それは非常に意味のあることなのではないでしょうか?良い選手を育てるということだけじゃなくて、サッカー文化を育てる意味でも、良い種なのではないですかね。。

③素直に面白かった!その一言です。オーストラリアが意外と(失礼!)強いことに驚いたし、生まれて初めてちゃんと観た『世界』のレベルにも驚きっぱなしでした。野球ではないですが、乱打戦(というのかな?)になると試合の切り替えも早くなるし、眠いのに観ちゃう!目が離せない!状態。非常に楽しませていただきました。

忘れないうちに…と書いていたら、こんなに長くなってしまいました(反省)

さ、今夜は日本戦だ!!

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。