やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
土曜日の事件について
すべてのJリーグファンのみなさまへ(お詫び)
傷害でサポーターを逮捕 灰皿のふた投げ3人けが

土曜からの嫌な気分が抜けないのはこの事件があったことも大きく影響しているような気がしてなりません。一東京ファンとして、この事件について触れないという気分にもなれず…また、自分の中の気持ちを整理する意味でも、事件について思うことを書かせていただきます。

(試合内容は置いておいて…)あんなによい雰囲気がひろがっていたスタジアムで、こんな事件が起こっていたなんて…未だに信じられない気持ちがほんのちょっと残っています。
みんなが本気で『勝利』を願って戦った試合で勝てなかった…それだけでも悔しい&悲しいのに、そんな戦いの裏で、信じられないような事件が起きていたということ。そして、それは試合の前に、同じ東京ファンの手によって引き起こされていたということ。
スタジアムで、どしゃぶりのG1で、私が感じたあの“いい雰囲気”は一体何だったのでしょう?
何も知らずにダービーチャントを歌っていた自分はなんだったのでしょう?
あの事件を見ていたor知っていたヴェルディファンの人達は、あのチャントをどんな気持ちで聞いていたのでしょう??
時間がたてばたつほど、怒りと悲しさと情けなさが溢れてきてどうしようもありません

何度も書いているように、私は『FC東京』ファンであると同時に、それを支えるサポーターのファンでもありました
自分がここまでサッカーを好きになれたのは、何人かの熱狂的な東京サポーターが自分の周りにいてくれたから。そして彼・彼女らが、サッカーの面白さを教えてくれたから。
だからこそ、私はスタジアムに足を運んで、一緒に応援をして、一緒に勝利の喜び、そして敗北の悔しさを分かち合ってきた…東京を愛するサポーターとして、常に一緒の思いで戦ってきたつもりです

それなのに…“ダービー”という重要な試合で、自らのホームである味の素スタジアムで、多くのサポが知らないうちに、あってはならない事件を“仲間である”東京サポが引き起こしてしまった…

自分はコアな部分の人達と何の接点もないし、あの行進にも参加していません
でも、あの事件は『FC東京のサポーター』が引き起こした事件として、自分と無関係だと言い切ることはできないのです

この事件をうけ、東京サポは様々な制裁をうけることになると思います(公的なものはもちろん、各個人が様々な部分でいろんなことを言われるでしょう)
あの事件を起こした本人、そしてその周りにいた人々に対する怒りは非常に大きいです。事件そのものに対する怒りはもちろん、愛する東京を傷つけられた怒り、そして、同じファンとしての思いを裏切られたことに対する怒り…すべての怒りを事件の当事者達にぶつけたいです
でも、世の中から見れば、あれは『FC東京のサポーター』が引き起こした事件なんです。だから、私も…事件の当事者じゃなくても…反省しなくてはいけないんだと思うのです

なんだか乱筆になってしまいました。ここまで読んでくださった方、ありがとうございました

最後に…怪我をされた方はもちろん、あの日スタジアムにいた方々、そしてヴェルディファンの方、今回、FC東京ファンがあのような事件を起こしてしまったことを心よりお詫びいたします



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
TBありがとうございます。
まったく持ってフロントの対応にはあきれました。アマチュア体質が抜け切れてないです。被害者の方のブログを読むと、結構辛いですよ。6年東京を応援してきて、悲しくなりました。
2005/07/13(水) 12:10:01 | URL | しょういち@東京の空の下 #pgwFRE.M[ 編集]
コメントありがとうございます
>アマチュア体質が抜け切れてない
本当にそうかもしれないですね…非常に悲しいことですが
「これから…」を考えるのなら、今何かをしなければ何も変わらないと思うんです
そのために自分が何を出来るのかわからないのですけど…
2005/07/13(水) 21:21:54 | URL | やっち★ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。