やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『ヴァイブレーター』
2003年
監督:廣木隆一
出演:寺島しのぶ・大森南朋

ようやく観ることができた映画『ヴァイブレーター
2003年公開なので、もう2年も経つのですね…(時が経つのは早い(汗))。
公開時からの評判のよさと大好きな俳優さんの一人である大森南朋さんご出演ということで、前からずっと気になっていた作品です。ちなみに、この作品は“女性に人気(らしい)” 赤坂真理さんの代表作(第120回芥川賞候補作)を映画化したもの。
といっても、原作を読んではいないのですが…

で、感想です
「うぅ~ん…(しばし余韻を考えつつ)いい!」という感じでしょうか。そして、ちょっと「羨ましいな」に近いような(イコールではないのです)感情が生まれましたね。

主人公は31歳のフリールポライターで、過食症&拒食症(食べ吐き)+アルコール依存症+頭の中に響く声に悩まされているという、“壊れてしまった”女性(寺島しのぶ)。深夜のコンビニでたまたま出会ったトラック運転手(大森南朋)に本能的にひかれ、そのままトラックに乗り込み旅(?)に出る…この作品は、そんな二人の旅をおったロードムービーという形式になっています。

とにかく、映画の中に一貫して流れているのは、どうしようもない“孤独感”とありえないくらいの“優しさ”
寺島しのぶ演じる主人公・玲ほどではないにしろ、多くの女性(特に“負け犬・負け犬予備軍”なんて言われてしまう人々)がもっている“どうしようもない”気分…
セレブでもないし、お姫様でもないし、バリバリのキャリアでもない。映画やドラマ・雑誌に出てくるような『特別』のない、極めて『普通』(というのが一番曖昧ですが)な生活をしている女性が持っている“気分”と“夢・妄想”をさらっと見せられたという感じ(苦笑)
大森南朋演じる岡部はそんな夢・妄想をかなえてくれる現代の王子様?!なのかもしれません

弱いもの・柔らかいものに対して“本能”で優しい岡部
「桃を押したりしない」という例えにすごく納得しました!
見せかけとか、言葉だけの優しさじゃない、ちゃんとした優しさ…
いいなぁ~そんな優しさに触れてみたい!と思うのは私だけじゃないはず!(ですよね?←弱気w)
しかも、岡部は明らかに壊れちゃっている玲を追及することも、詮索することもしない。ただ、見守ってくれているイメージ(お風呂のシーンとか)が強く残っています。

最初はお互い警戒しつつ(結婚していると予防線を張ったり…)も、最後は失いたくない大切な存在になっていく二人…でも、あくまでそれは夢・妄想の話なのって二人はわかってたように思います。
結局、ラストを観る限り、ハッピーエンドではないし、玲が救われたかどうかもわからない。
ひょっとしたら、またあのコンビニで出会って、同じように旅をしているかもしれない。
やっぱり、あの切ないけれど甘い笑顔と口笛を合図に、夢は本当に終ってしまったのかもしれない。

彼を食べて、彼に食べられた。
それだけのことだった。
ただ、
あたしは自分が、
いいものになった気がした。


すべては勝手な想像です。
でも「いいものになった気がした」って、そんな気持ちを持てるだけで十分だ!と思うのです。
いいな~と思ってしまうのです。

それにしても…
コンビニでであったときの玲の気持ち:「いい感じ」「あれ、食べたい」とか、初めてsexするときの岡部の台詞:「名前は?下だけでいいよ」とか…下世話なんだけどすごくリアル。 窓の外を流れる風景も(自分が通ったことのある道だからでしょうが)全く特別じゃなくて、リアル。
ストーリー的には『ありえない』色合いが強いのですが、こうしたリアルさが観ている人を引き付けるというか…妄想させてくれるというか。

30歳になる頃、もう一度見直してみたい映画かもしれません。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。