やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
パッチギ!
調べてみて驚きました。これ、2004年の作品なんですね~(二年も前だ!)
よくも悪くも人気の高い井筒監督の作品です

<あらすじ>
1968年の京都。東高校2年の松山康介はある日、担任の布川先生から指示を受け、常日頃争いの絶えない朝鮮高校へ親善サッカーの試合を申し込みに行くハメになった。そして、親友の紀男と共に恐る恐る朝鮮高を訪れた康介は、音楽室でフルートを吹くキョンジャという女生徒に一目惚れしてしまう。間もなく彼女の兄が朝鮮高の番長アンソンであることも知る康介。それでも彼はキョンジャと仲良くなるため、楽器店で知り合った坂崎からキョンジャが演奏していた『イムジン河』という曲を習い、彼女の前でギターで弾こうと決意するのだが…。


リ・アンソン役の高岡蒼佑さんが個人的に好きだわ~とか、リ・キョンジャ役の沢尻エリカはやっぱりかわいい!とかいうことは置いといて・・・期待していなかった以上に(期待していなかったから??)面白かったです。笑って、泣いて、考えさせられて・・・「よい映画を観たな」という気がしています

私は関西人ではないし、60年代を生きていたわけではありません(60年代=生まれる前の話)
周囲に在日の友人がいたりもしましたが、在日朝鮮人の存在や歴史について詳しい知識をもっているわけではありません
『イムジン河』が生まれた背景やその本質をわかってるわけでもありません

でも・・・最後は泣いちゃいました

“どうしょうもないという思い”と“どうにかならないのかという思い”となんも知らないな~という発見と
いろんな思いがまざった涙だったような気がしています

まだ観てないという人がいたら・・・期待しないで観てみてください
おすすめですよ
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。