やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
嫌われ松子の一生
『嫌われ松子の一生』

生まれて初めて二回も劇場で観てしまった映画『下妻物語』の中島監督最新作!公開前から「絶対行く!」と決めていた作品を映画DAYの一日にさくっと¥1000で観てまいりました♪

<あらすじ>
昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしまう。その上ヒモを殺害して刑務所へ送られ、壮絶な不幸の連続にまみれた波乱万丈の人生を送ることになる……。


この映画をみて感じたこと(箇条書き)

・意外と瑛太が好きかもしれん(アンフェアでも思ったんですがね)
・中谷さんに天晴!
・クドカン…
・中島監督は『空』とか『飛ぶ』とかいうような“空中”を描くのがうまい
・幸せって難しいなぁ~(しみじみ)

あえて詳細は書きません
中身に触れるような感想も書きません
お願いだから、ほんのちょっとでも松子が気になるという人は是非映画館に足を運んでください

とりあえず、観てくれ!

それが今一番強く思うことかな

※但し、この映画は『好き・嫌い』が真っ二つにわかれる映画だと思います。↓の『GOAL!』みたいに「とりあえず楽しめる」的な映画じゃなく、「傑作!」と「駄作!」の両極端に評価が触れてしまうような…そんな気がしてます
☆プチネタバレ☆

心に刺さった台詞

「人間の価値って人に何をしてもらったかじゃなく人に何をしてあげたかってことだよね」瑛太の彼女(柴崎コウ)の台詞

「ひとりぼっちはいや。絶対にいや。」(松子の台詞)

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
相方が楽しそうなので見に行きたいと言っているので、週末に激務で疲れた心を癒しに見に行きます。
さすが、古くは豊悦と山崎努に卓球させたりした監督ですなー。
多分、はっきり好みが分かれるでしょうねー
2006/06/21(水) 23:50:36 | URL | ねりとび #-[ 編集]
癒されるかは…
微妙かもしれないです(^^;
映像とか色彩とか“のみ”なら楽しめるんですけどねぇ。。。
ちなみに私の周辺でも、評価真っ二つですw
2006/06/24(土) 22:18:58 | URL | やっち #-[ 編集]
隣でブサイクな顔して泣いているねりとびさんがいました(笑)
2006/06/24(土) 23:41:21 | URL | ねりとび@相方 #-[ 編集]
ねりとびさん号泣ですか!
なんだか意外な感じですな~

とりあえず、心を揺さぶったようで何よりです
2006/06/26(月) 15:16:59 | URL | やっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。