やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
初めてのW杯-②

こちらは『我が日本代表』について書きます

先月書いたように、私は現代表に対して(一部除く)「思い入れがない」=「愛がない(のかもしれない)」人です
代表を語れる程、試合を観ているわけではないし、日本のサッカー史を知っているわけでもないし…

大会が始まる前、私は他人事のように「予選突破?厳しいんじゃ~ん?勝てそうな気しないもんね~」なんて冷めた気持ちでいました
正直、心の中の半分以上は「勝てないだろうな」な状態だったし、下手に「勝てる!」って言い切ってしまって(信じきってしまって)後で傷つくのも嫌だったし…ずるいですね、私w

でも、いざ試合が始まってしまえば“俺たちの代表”なんですよね
好きとか嫌いとか信じれないとか、そうゆうこととは無関係に「日本」なんですよ
経緯がどうあれ、彼らが“私たちの代表”=「日本」なんですよね
そうすると、やっぱり負けたくないんです
負ける姿は見たくないんです
これが愛国心なのかなぁ~よくわからないけれど

一つ一つの試合やプレイや采配や…とにかく、細かくチェックすることはしません
「日本のレベル」とか「世界のレベル」とか、そんな話をする気もありません

とりあえず、
悔しかった
決勝Tに行きたかった

それだけです

これまで長い間、日本のサッカーを見続けてきた人には鼻で笑われると思いますが…私の中の『代表』というものの歴史が2006年の、この予選リーグ敗退から始まった気がしています

誰かが
「今日負けても、明日もあさっても…2010年を過ぎてもサッカーは続いていく」
みたいなことを書いているのを観ました

4年後なのか8年後なのか20年後なのか40年後なのか80年後なのか
いつ何がどうなるかはわからないけれど、サッカーが続いていく日々のなかで生きていけるという幸せは他にないなって
W杯での優勝がゴールとは思わないけれど…「いつか」それが来ることを信じれるのはいいなって

「まだなんにもはじまっちゃいねえ(C)キッズリターン」

結局、そんな言葉を自分に言い聞かせてます

<愚痴>

日本戦の後、私が決まって言われた言葉

「ダメだね~日本は」
「Jリーグのレベルの低さがわかるよね~」
「日本のサッカー、観てて楽しい?」

・・・

“代表”だけを観てJリーグを語るな!
確かに“代表”はJリーグの代表でもあるんだけど、そうじゃないやい!って思ってる人も多いんじゃ!!
一度でいいからスタジアムでJの試合を観てみろ!!

と思いました(イライラ)
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
暗いと不平を言う前に
すすんであかりをつけましょう、じゃありませんが、レベルが低いと揶揄する前に、スタジアムに来いってんですよ。Jでの選手への声援、キツい野次が選手を育ててレベルを上げてくってのが解ってない人が多すぎます。選手に緊張感を与えるのがスタジアムに足を運ぶ人々であり、ひいては日本のサッカーのレベルを上げていくんです。と言ってやって下さいな。
2006/06/24(土) 22:38:21 | URL | しょういち@東京の空の下 #pgwFRE.M[ 編集]
「日本」と「世界」って、分けて考えるものじゃないですよね。
一方に偏るのはバランスがよくないと思います。

8月のFCソウル戦は「身近な」世界を相手に腕を試す貴重な機会で、楽しみです。
チームだけでなく、サポもですね。
2006/06/26(月) 01:25:23 | URL | fct-fan #G.rPW7UM[ 編集]
>しょういちさま
ですよね!ですよね!!
…って言い返せなかったですけど(反省)
いつかしっかり言い返してやる!その日のために準備してやる!と勝手に熱くなってます

>fct-fanさま
日本も世界の一部ですからね
日本の先に世界があるというか…決して別物ではないと思います

>FCソウル
これがまた心を乱しております
ウンマイものとエステとサッカーと…
あぁ…どうしよう
2006/06/26(月) 15:12:46 | URL | やっち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。