やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
J1 第16節 広島-東京
東京-広島 0-2

車だったので、No Beer
寄り道したので、No 浴衣
出遅れたので、No 花火(→コンコースに出ればよかったのだろうけど…)

そんな久々のHOME戦でございました

久々の飛田給だし、夏休みだし、花火もあるし、浴衣だし、ビールだし…そりゃ3万人以上の人が集まるわけですわ
ついでに前節大勝してるし、オシムさんも来るし(あんまり関係ないか)、ナオも帰ってきたし、戸田だし…(以下略)

去年はこんな感じでそこからチームが生まれ変わった花火night

ここで勝てば何かが変わるかもしれない

そう思っていたのは、期待していたのは私だけじゃないはず

でも・・・結果は完敗

久々に『悔しさ』以上の感情があふれてきました

試合後のブーイングは当然でしょう
今ちゃんもコメントしてますが(…って、そんなの自覚してるようじゃダメじゃん!!(怒))、あの状況じゃ拍手はできない…それが何より悔しいのですが…

重ね重ねになりますが、前半終了後、そして試合後のブーイングは必然だと思います
一部の人々から「ガーロやめろ」コールが出たのも仕方ないのかもしれない(※雰囲気に“のせられちゃってる”人がいないことを祈ります)

でも…「ハラ☆TOKYO」コールはズルイ
あれはなしですよ
涙がこぼれた

+試合中にだされたという弾幕もね
あれもズルイ

あれを出すまでの背景を私は知りません
でも、なぜあれを試合中にだしたのか?
「試合中というのは、選手と、チームと一緒になって勝負する時間なんだよ」
私よりずっと年季の入った青赤サポの方に言われたことがあります
「90分間一緒に戦うんだ」と

弾幕が出されていたことをG裏にいた私はまったく知りませんでした
必死で応援しているときにそんな弾幕が出されていたなんて、、、

その意思表示を『試合中』に『G裏』で掲げるというのはどうなのですか?どうしてなのですか?
そうした意思表示がしたいのならば、試合後に『ゲーフラ』でも何でもいいから掲げればいいじゃないかと

そこにも怒りがこみ上げてきました
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
若いんですよ
選手もサポーターもいろんな意味で若いんだと思います。フロントなり監督なりのビジョンが見えてこないというのが原因だと思います。これが、「3年計画で優勝を任された」ということであれば、きっとサポーターの認識も違っていたと思います。文さんのコメントのようなことを、監督が言って欲しかったですね。
2006/07/31(月) 15:43:28 | URL | しょういち@東京の空の下 #pgwFRE.M[ 編集]
ど~も、お久し振りです。
松本、そして広島戦と出された例の横断幕。自分もG裏だったので全く気が付かなかったのですが、試合中に出てたんですか?もっとベターな意思表示があると思いますけどね。
「ガーロ辞めろ」コールはある意味やむなし、「ササ」コールは同意という感じでしたが、「原」コールには首を傾げました。
ガーロを解任する以上にヒロミの復帰には反対ですので(もちろんヒロミが経験を積んで10年後くらいに東京に凱旋就任するなら話は別ですけど)。
自分は今までの東京に上積みを感じながら強くなっていく事を期待して応援するつもりです。
その可能性が感じられない時に、その都度決断したいです。もちろん建設的に。
2006/07/31(月) 16:26:03 | URL | TATSU #TpXiG7qk[ 編集]
温度差…
こんばんは。
あのダンマクは、松本で既に出されてました。
中断明けの福岡(これだけは私も行けませんでしたが)の豪雨の中でも、松本の“ホームゲーム”でも、長居でも、そして味スタでも、G裏は90分間闘っていたと思います。でも、その一方で今の状況にガマンできない…。
“東京ガス”のころから、日本全国どこのAWAYにでも駆けつけ、応援のための準備をして、手の皮がむけても太鼓を叩き続けている人たち、トーキョーと共に歩んできた人たちが、中断後の試合を見て感じた絶望感…。私は、少しですが、わかります。サッカーの内容がひどすぎます。“勝ってしまった”長居も含めて。
真ん中の人たちと、そうでない人たちに温度差ができてしまうのは、仕方ないことかもしれません。スタジアムでナマで感じてきたことの積み重ねがあるから…残念ですが。
2006/07/31(月) 21:53:43 | URL | nautica crew #JalddpaA[ 編集]
みなさまコメントありがとうございます

>しょういちさま
どうもです
>フロントなり監督なりのビジョンが見えてこない
確かにそうなのかもしれないですね。もし、こうしたビジョンを選手自身も描けていないとしたら…
(ぶんぶんっ)そんなことは考えないほうがいいのでしょうが。。。

>TATSUさま
ご無沙汰しております♪こそこそとブログは拝見させていただいてますよ~
>ベターな意思表示
私もあるんじゃないかなと思うんですよ。具体的にどんなのだよって言われてもすぐには出てこないのですが…(バカ)
弾幕を掲げたくなる気持ちも、コールをしたくなる気持ちもわからないわけではないんです。でも、松本のとき(このときも気づいたのは試合後でした)のような『試合前』とか先日のような『試合中』っていうのはどうなのよと思ってしまうんですよね。

>nautica crewさま
おっしゃることはものすごくよくわかります
熱い気持ちもわかります

…甘いかもしれないのですが、↑で書いたようにチームがどんな状態であったとしても、試合中はチームを信じて応援したいのです
フロントになのか、監督になのか、選手になのか。どこに一番大きい問題があるのかなんて、正直私にはわかりません(実際問題はひとつだけじゃないのかもしれないし…)。でも、どんな状況だったとしても、試合中だけは、フロントも監督も選手もサポーターもおんなじ方向を向いて勝利を目指してるはずじゃないですか。誰も負けていいなんて思ってないはずじゃないですか
試合後、ブーイングがでたり、厳しい声が飛ぶのは仕方ない…いやむしろ当然のことだと思います
あの弾幕だって、試合後にだされていたのならば「そうした意思表示もありだろうな」と思ったとおもいます
でも、試合中だけはどんなことがあったって応援したいって思うんですよ

>今の状況に我慢できない
それは真ん中の人たちだけじゃないと思います
誰も今の状況がいいなんて思っている人はいないと思う
広島戦後、知り合いの方が「あの弾幕をみた相手サポは、(試合がはじまるor試合中だというのに)サポーターが監督を信頼していないようなチームに負ける気がしないと思うだろうね」とおっしゃっていました
私はそのとおりだと思いました

やっぱり私は甘いですかね…
2006/08/01(火) 14:26:33 | URL | やっち #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/02(水) 22:11:48 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。