やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
FC東京-鹿島 0-2
FC東京六連敗!
…ですが、あと三日で次の試合なわけですよ!
相手は現在4位の大宮アルティージャ!!
負け気分を引きずっていたら、また黒星を重ねてしまうかもしれない…だからこそ、気持ちを切り替えなくちゃいけないのでは?とやっちは思います。
負けは負け!じゃぁ次勝てばいいじゃないか!ってね。負けたことを引きずるのではなくて、消化しなくちゃいけないなって思うんです。

確かに昨日は悔しくて、悔しくて、、、
試合後のユルネバを必死に歌いながらも、どこか空しくて、、、
すごく『脱力感』を感じていました

あちこちの青赤サイトでは、厳しい意見も出ているようです。
私はサッカーについての知識もないし、経験もないので、そうした意見を出すことも賛同することも、正直出来ないでいます。
試合中もボールを追うのに必死だったりしてw、細かい部分を見れていないと思います。

じゃぁ、なんでFC東京の試合を見に行くのか。

たぶん、それは単純に『楽しい』から。
サッカーの知識がない私でもスタジアムに足を運べば『楽しませてくれる』から。
それも某赤チームのように“強制”ではなく、自分の好きなように『楽しませてくれる』から、好きなのかも知れません。
勝利のときはもちろん、引き分けでも、負けても、スタジアムに行くのが楽しい!からこそ、スタジアムに通ってしまう…
(※実際、やっちが目にしたFC東京の勝利は片手でもあまる程ですもの…)
選手はもちろん、先輩サポーターの方々がそれを教えてくれたように思います。だからこそ、ファンになって間もないときに見たナビスコ決勝で涙を流して勝利を味わえたのだと思うのです。

「とにかく観に来て!楽しいから!」と誘われて、初めて味スタに行った日…
FC東京のことも、サッカーのことも、まだ何もわからないやっちに対して「またおいでよ!“楽しい!”と思ってくれれば、みんな青赤仲間だから!」という声をかけてくれたソシオの皆さん。そこにはFC東京に対する大きな『愛』を感じました。
「あぁ~この人たち、本当に東京が好きなんだなぁ…すごいな…羨ましいなぁ」って思いましたもの。

ただ…
最近、その『愛』が「可愛さ余って憎さ100倍」になっているような気がしてなりません(もちろん、“すべて”ではないですが)。
もちろん、勝てば嬉しいし、負ければ悔しい!
なれるものなら、チャンピオンになって欲しい!とも思います。

でも、私が出会ったときより、サポーターの『負け』への落胆が大きすぎるような…そんな気がするのです。
サポーター内に、『負け』に対する余裕(のようなもの?)が無くなっている様な…

気のせいかもしれませんけど。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
 毎度どうも。コメント&TBありがとうございます。
 数日前、ゴール裏の“爆心地”の方とちょと話し込んでしまいました。「あのナビスコ以来、サポーターの要求ばかりが高くなって、本来のサポーターの“心意気”みたいなもんが欠けてきてるかもねぇ…。鹿島戦は、とにかくやるよ!」なんて言ってました。
 たしかに、いつもより気合いが入ってましたよね。選手にも伝わったと思います。

 いくつになっても、どんなときも、たとえJ2に落ちても(縁起でもないことを言うな!)、…♪愛してる東京ラララララ~ラ♪…ですよ!
 やっちさんも、すっかりはまってますねぇ。
2005/05/05(木) 13:06:37 | URL | nautica crew #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
 FC東京 vs 鹿島アントラーズ  0-2   味の素スタジアム  6連敗…。
2005/05/05(木) 13:18:54 | DRIFT AWAY
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。