やっち~ず。

→【サッカー】+【美味しいもの】+【楽しいこと】+【ひとりごと】+α
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
今夜の寝床
20050802023600
久々に会社へお泊り♪

…って、嬉しくない!!
江東区花火大会
20050801200602
画像が悪くてすみません
今日は江東区の花火大会!
職場から見える花火をパチリ

本当は行くはずだったのにぃ~(涙)

今日はまだまだ仕事です
台風のおかげ
先日の地震騒動で懲りたから…というわけではないのですが、台風の関東直撃に備え、今日は早めに帰れることになりました!外出先から、わざわざ連絡をくれた社長!ありがとうございます

というわけで、地元“TSUTAYA”へ繰り出し、DVDをどっさりレンタルしてきました。今日は、その中から『アイデン&ティティ』を選択!みうらじゅん原作、田口トモロヲ監督、元ゴイステ・現銀杏BOYSの峯田君主演の“青春・ロック”映画です

見終わった後、どうしても『男おいどん』が読みたくなって…本棚をゴソゴソ
とりあえず、こちらも読破しました!

私は(一応)女なので、二作品に共通して描かれている“男の子”→“大人の男(社会人ともいえるかも)”への葛藤だったり、夢に対する熱い思いだったりするようなものをリアルに感じれてはいないのでしょうが、何かが胸にぐっとくる…そんな気持ちでいっぱいです

“少年の心”というと安っぽい感じがしていやなのですが、どんな状況でも、苦しみながらも、不器用で格好悪くても、ちゃんと自分を持っている…しっかり夢や理想を追い掛けている中島(『アイデン&ティティ』)とおいどん(『男おいどん』)
自分が出来ないから…ということもありますが、こんな二人にちょっとときめいてしまいました

映画の中で交わされる、中島に対する彼女(麻生久美子演じるティティ)の言葉ではないですが、

「君の仕事は理想を追うこと
君が理想を追ってる限り
私は好きよ 君のこと」

なものなんですよ、女って

最後に…
印象に残った中島の台詞を紹介させていただきます

「ロックの価値ってなんだ?
(答)自分らしくあること
じゃぁ自分って何だ?」

「みんなの心の中にも、きっとロックはすんでいる
そのロックはきっと言うだろう
やらなきゃならないことをやるだけさ
だからきっとうまくいくんだよ」

カード破産への道…
珍しく地元をブラブラ&実家でまったり…するはずだったのですが、ど~しても買わないといけない!ものがあり、ちょっくら街までお出かけしました

…が、これが間違いのはじまりはじまりw
閉店の3時間ほど前にお目当てのお店に着いたので、必要なものだけ勝って帰ろう!とね、最初は思っていたんですよ、私も…

でも、世の中は『バーゲン』真っ最中なんですね~、しかも終盤!
あちこちに50%OFFとか70%OFFとかいう赤い文字がね、あるわけです

・・・ポキッ

ココロの中で何かが折れました。確かに、そんな音がしました。

気づいたときには、
・両手に袋がいっぱい(反省-①)
・しかも、仕事に着ることが出来ないような服&小物ばっかり(反省-②)
・靴なんて、いくら安くても4足もいらないと思う(反省-③)
以下省略

ハァ~本気でカード切断しないとダメ人間になってしまうかもしれない…
帰ってきて気づいたんですが、買わなくちゃいけないもの、買ってないし…
フゥ…

独眼流?
20050715002709
↑我が家のカバ太と目薬ふたつ

別に汚いものを触った覚えも、普段行かないような場所に行ったわけでもないのに、左目が大変なことになってしまいました
「うぅ~ん、何だか目が痒いよぅ…」と目をかいたような…うっすらとした記憶は確かにあった!でも、まさか、朝目覚めたときに目が開かなくなってるなんて思わないですよ?普通は!
結局、目が覚めてしばらくたっても、目は開かない。しかも、涙は溢れてくるし…
朝からかなり動揺しました

とは言っても、休めるわけじゃないので、その状態でなんとか出社
とりあえず、朝一で片付けなければいけない業務を終わらせて病院に行ったのですが…診察してくれたお医者さんの一言がかなりショッキングでした

「あら、かなり赤いね~。それに白目がぶよんぶよん」

…え?ぶよんぶよん??
私の左目は一体どうなってるのよ…とかなり不安に!
結局、アレルゲンかばい菌が目に入ったことによる炎症らしいのですが、「ぶよんぶよん」という言葉のインパクトが強すぎて、すぐには状況が把握できなかったですよ

ちなみに…うちの母は娘の目をみて、「『死んだ魚の目』みたい」と一言呟いてくれました

ちょっと凹みました

●今日わかったこと
・片目で生活する(眼帯をしていたので)のはしんどい
→特にPC操作&階段の昇降がつらい

・瞳がキレイだね…なんて言われたことはないので、その喜びはわからないが、明らかに「瞳がキレイじゃない」というようなことを言われるのはかなり嫌な気分
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。